スポンサーリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強敵ボーナス狙いと高レベルサポどちらが良いか?

タコメット・マリンスライム狩りで強敵ボーナスを狙うのと
高レベルサポを雇うのとでどちらが良いか実験してきました。
まずは強敵ボーナス狙い
構成:自分レン(オノ)攻213・サポLV43武(ツメ)3人攻186、171、168

LV35マリンスライム経験値時給約33,000
LV36タコメット経験値時給約37,000

次は高レベルサポ
構成:自分レン(オノ)攻213・サポLV58~60武(ツメ)3人攻224、223、221

LV37マリンスライム経験値時給約30,000
LV38タコメット経験値時給約32,000

タコメット・マリンスライム共に強敵ボーナスを狙った方が
経験値効率が良いという結果になりました。
攻撃力が下がって敵を倒せるペースが遅くなっても
強敵ボーナスとLV差による経験値分配の関係で
強敵ボーナスを狙った狩りの方が上回ることになるようです。
スポンサーサイト

LV60特訓モードでろうごくのぬし狩り

LV60でも特訓スタンプが貰える、ろうごくのぬしを
バドリー岩石地帯で狩ってきました。
構成:自分LV60旅(短剣)攻236・サポLV58~60武(にちりんのこん)3人攻307、295、288
特訓スタンプ1時間あたり68個

前回LV56で行った時と同じ構成で行ってみましたが
やはり短剣で殴ってるだけではMP回復が追いつかず
1時間で小瓶を40個ほど消費してしまったので
にちりんのこん3人・スティック装備1人で行くのが良さそうです。

また、今回は雇ったサポのうち2人に、ひらめきのゆびわMP回復+1が
付いていてMPがほとんど減らない状態だったので
それを考慮すると通常のひらめきのゆびわの場合は
1時間あたりの特訓スタンプは60個ほどだったとおもわれます。

ろうごくのぬし通算 166匹 破呪のリング0個

あえて今タイガークロー1確狩り

バージョン1.0の消費MPが3だった頃に流行ったタイガークロー1発狩りを
オルッパ地下洞窟のプヨンターゲットでやってみました。
構成:自分LV55盗(ツメ)攻205
経験値時給約39,000(小瓶がぶ飲み)

まず最初にプヨンターゲットは攻撃力203から1撃確定になるようです。
プヨンターゲットは1匹15G落とすのと通常ドロップが小瓶なので
小瓶がぶ飲みでもチャラくらいになります。
結晶が作れない・特別おいしいわけじゃないと、いまさらやる意味は
無いですが、サポ探しがめんどくさい人やタイガークロー1確狩りを
体験してみたい人はやってみてはいかがでしょうか。

スライムピアス合成3

魔戦LV38→40、スパLV14→29な感じでマリンスライムに
こもっていたらスライムピアスが4個出たので
HP+1×3を目指して合成してみました。

1回目 HP+1→HP+1、しゅび力+1

2回目 しゅび力+1

上記の結果でスライムピアス1個残しで今回は終了となりました。
LV43までの結晶作り・お手軽レベリングでマリンスライムには
まだまだお世話になりそうなので、また次回に期待ですね。

マリンスライム通算6600匹 スライムピアス10個

特訓モードでベホマスライム狩り(冥王の心臓編)

LV51まで特訓可能なベホマスライムを冥王の心臓で狩ってきました。
構成:自分LV50武(ツメ)攻201・LV51サポ盗(短剣・証装備)攻215・サポLV51武(ツメ)2人攻203、200

冥王の心臓に入ってすぐの所にいるベホマスライムは
1匹沸き確定なので、特訓モードに向いているとおもいやってきました。
結果は1時間あたりスタンプ87個でした。
個数は、かなり良いですが狩場まで遠いうえに
先客がいても駄目なので行ってみて空いていたら
ラッキーといったところでしょうか(こんな所で狩る人も少ないとはおもいますが・・・)

HP回復手段についてですが、ベホマスライムが1匹で出現するだけなので
短剣スキルのMP回復を持っている盗賊か旅芸人を
MPを使うなにしておけば問題無いレベルでした。

ベホマスライム通算 470匹 ハートのペンダント1個

特訓モードでアイスボンバー狩り

LV57まで特訓可能なアイスボンバーを浜辺の洞くつで狩ってきました。
構成:自分LV55盗(ツメ)攻205・・サポLV57武(ツメ)攻214・サポLV57盗(短剣)攻235・サポLV57旅(キラーピアス)攻210
特訓スタンプ1時間あたり97個

ツメ・通常短剣・キラーピアスと3種の武器のサポを雇ってみましたが
ひらめきのゆびわ有りだと差は、ありませんでした。
短剣スキルのMP回復を取ってるキラーピアス装備の旅芸人を
回復役にしておけばMP満タンを維持出来るので
あとの2人は3種の武器のどれでもOKでサポ探しは楽です。

アクセ狙いも兼ねてだと1時間あたりスタンプ70個程度で
こちらだと1時間あたり100個弱、どちらを優先するかで
使い分けるのが良さそうです。

あと、この狩りは全員が攻撃役でいける狩りなので
自分がスティック僧侶などの回復専門の場合は
1時間あたりのスタンプ数が減ってしまうので
アクセか金策を兼ねてやったほうが良さそうです。

アモデウス・ファンキードラゴ狩り

特訓モードとレアアクセ狙いを兼ねて
アモデウスとファンキードラゴを狩ってきました。
構成:全員HP300↑自分LV60旅・サポLV60盗(ツメ・証装備)攻219・サポLV60武(ツメ)攻221・サポLV60僧

昔と違ってサポソロでも余裕で倒せるようになっていました。
全員HP300↑でしたがHP250でも問題無さそうな感じでした。
操作はツメ2人にバイシオンを2回かけて
ツッコミ・ロストアタック・おたけびで補助するだけの
簡単操作でOKだったので楽でした。

1セット10分4~5戦して宿戻りだったので
特訓スタンプは1時間あたり25個程度と効率が悪いですが
2つのレアアクセ狙いを兼ねての狩りなので仕方無いところです。

ファンキードラゴ通算 279匹 竜のおまもり1個
アモデウス通算 25匹 ビーナスの涙0個

特訓モードでリュウイーソー狩り

レベル53まで特訓に使えるリュウイーソーを
メギストリス領で狩ってきました。

1つ目の構成:自分LV52戦士(オノ)攻撃280・サポLV51~53旅(にちりん)3人攻265、260、251
1時間辺りスタンプ32個

殲滅速度が遅すぎで仲間を呼ばれたりとまったく駄目でした。
特訓モードでは倒した匹数ではなく戦闘回数しか意味が無いので
仲間を呼ばれるような狩り速度では駄目ですね。

2つ目の構成:自分LV52戦士(オノ)攻撃280・サポ53武(ツメ)2人攻208、202・サポ53旅(にちりん)攻260
1時間辺りスタンプ57個

宿から狩場までは、かなり遠いですがそれでもタイガークロー宿戻りは有効で
お金を稼ぎつつの特訓モードとしては、まずまずではないでしょうか。

3つ目の構成:自分LV52戦士(オノ)攻撃280・サポ53魔2人攻魔330、320・MP220、215・サポ53旅(にちりん)攻260
1時間辺りスタンプ54個

こちらは上記のタイガークローよりはMPが持つので宿に戻る回数は
少な目で済みます。
サポ魔が、はごろもを着ていたり、サポ旅を僧侶に変えるなどすれば
安定性が増すといった感じです。

特訓モードでヘルゴースト狩り2

前回(サポ武2人・サポ僧)より効率を出すべく
にちりんのこんの旅芸人を3人宿ってヘルゴーストを狩ってきました。

構成:自分LV52戦士(オノ)攻撃280・サポLV51~53旅(にちりん)3人攻265・260・251

結果は1時間でスタンプ76個でした。
前回よりは伸びているのですが、もう一つ伸びが足りなかった理由に
旅芸人は武闘家より攻撃力が低く前回200ダメ×2人だったのが
今回160ダメ×3人だったので純粋に3倍とはいかず、これくらいの結果になりました。
さらに前回1時間狩りをしてもMPが半分も減らなかったのに対して
今回は、ちょうど1時間で無くなってしまったので
宿が遠いボロヌスの穴ということを考えるとスティック僧侶を1人入れた方が
良いのかなという気がしました。

あとはラリホーマで足止めをくらうことが結構あったので
ザメハが使えてMP量も多い僧侶を3人雇えれば、もっと効率が
出るとおもうのですが、サポ僧侶は8~9割型スティック登録で
条件の良いにちりんのこん僧侶を3人雇うには
かなりの時間がかかりそうだったので今回は断念しました。

ヘルゴースト通算 359匹 まんげつリング1個

バージョン1.2限定クエスト「終を告げる姫」

バージョン1.2限定クエスト(1.3開始時点でクリア不可)を
いまのうちにとおもいクリアしてきました。
まずは、オルフェア西のC-4の洞窟で受けれる
クエスト141「やさしさのクスリ」をクリアをしていないと
「終を告げる姫」を受けることが出来ないので
まずは、こちらをクリア。ガタラ原野の西でバブリンを倒すだけの
簡単なクエストなのですぐに終わりました。

そしてメインの「終を告げる姫」はチョッピ荒野のヘルジュラシックを
倒すのですが、おもったり弱くてあっさりクエストクリアでした。
LV50以上なら覚醒魔・タイガークロー・ドラゴン斬りのスキルを持ってるサポを
雇えば問題無く倒せるとおもいます。

バージョン1.3で「つかうもの」の最大所持数を30→40をするクエストを
受けるためには、名声LV15以上必要と発表されたので名声レベルが
足りない人は、こういったクエストをこなして名声を
稼いでおきたいところです。

バージョン1.3情報で気になったもの

広場の大型アップデート情報 バージョン1.3で気になったものをいくつか紹介。

一番気になったのは「つかうもの」の最大所持数30→40にするクエストが
名声レベル15以上でないと受けれないというところ。
ほとんどの人にとって、かなり重要なクエストだとおもうので
名声レベルが足りてない人は、いまのうちに名声レベル15までは
上げておきたいところです。

次はサポート仲間が必殺技を使うようになるようです。
サポ僧侶やレンジャーが必殺技を使ってくれるのはボス討伐で
かなり有利に働きそうでサポソロメインの人には助かる変更点ですね。

あとは前回発表が無かったものの中では、200匹討伐でも
ちいさなメダルが貰えるようになったあたりでしょうか。
こちらは今からでもこなしておくことが出来るので
100匹で止まってるモンスターを200匹まで討伐して
バージョン1.3に備えるのも良さそうです。

最後に「ボケ」実行後のキャラクターに「ツッコミ」をすることで
再度笑わせ判定がされるようになりました。
とありますが、まさかハメが出来るようなバランスには
なってないとおもいますが、おたけびに変わる有効な足止め手段に
なってくれると強敵狩りが楽になりそうと期待したいところです。

レーン配信クエスト1~5

レーン配信クエスト1~5をまとめてやってきました。
構成:自分LV60旅HP331・サポLV58武(ツメ)HP276・サポLV58僧HP253・サポLV58覚醒魔HP249攻魔337

今回のクエストは5つの内4つで敵を倒さないといけないので
最初からメンバーを揃えていったほうが良いでしょう。
1と2は序盤のクエストだけあって難しい点は無いとおもいます。
3のボスは足払いで複数のキャラの行動を止められると危険だったので
なるべく離れて戦うと危険性が減るとおもいます。
4のホラービーストはLV60でも特訓スタンプが貰えるので
クエアイテムがなかなか出なかったとき用に特訓が終わってないキャラで
行くと特訓ついでになって良さそうでした。

最後のボスは攻撃が激しくひたすらベホイミをすることに
なったので僧侶2・攻撃役2で行くことをおすすめします。
また、マヌーサを受けてしまうと物理攻撃がほとんど戦力に
ならなくなってしまうので魔法使いを1人は入れておかないと
討伐が長くなってしまい苦戦する可能性が高くなりそうでした。

今回のクエストのボスは足止めや弱体攻撃が多くLV60ならば
それほど問題は無さそうですがLV50程度で挑む場合は
運の要素も出てきそうな感じがしました。

覚醒魔でグール狩り

タイガークローで狩っている時に周りを見渡すと
覚醒魔で狩ってる人のほうが多いんじゃないかという
感じがしたので今回は、覚醒魔での狩りを試してきました。
構成:自分LV56僧・サポLV60覚醒魔3人攻魔360↑、MP270↑
LV56経験値時給約46,000

効率はタイガークロー狩りと同じくらいの結果になりました。
ただし、武闘家・盗賊と比べて魔法使いはHP・防御力が低いので
ひたすら回復しないといけなく、見ているだけでもOKなタイガークローと
比べるとめんどくさい感じでした。
イオラで3・4匹まとめて倒すと爽快感があるので
タイガークローのモーションに見飽きた人は
効率も変わらないのでやってみるといいかもしれません。

タイガークローでグール狩り

ゴブル砂漠西のグールをタイガークロー狩りしてきました。
構成:自分LV53僧・サポLV60武(ツメ)攻234・230・211
LV53経験値時給約46,000

グールに突撃して、呪いが掛かったらおはらいをするだけ。
こんな楽な狩りで高経験値が得られるので人気の秘密も
分かりますね。
おはらい無しで見てるだけでも問題ないので他の作業を
しながらやりたい人とかにおすすめかもしれません。

安定度重視でサポバザックス狩り

出来るだけ魔法使いが死なないように安定度重視で
小瓶・聖水無しサポバザックス狩りをやってきました。
構成:自分LV50僧・サポLV60旅HP310MP160・サポLV60覚醒魔2人HP265↑MP320↑攻魔390↑はごろも装備
LV50経験値時給約60,000

今回は僧侶でいきましたが、ぶきみなひかり・おたけびをするだけなので
自分の職は何でも可能です。(僧侶の場合は回復スキルがあるので安定度は増します)
攻略のポイントは、ぶきみを1回ずつかけて成功の有無にかかわらず
おたけびに移行することです。
下手に粘ってぶきみにこだわりすぎると魔法使いが死んでしまう可能性が
高くなってしまい逆に効率が落ちたりするので安定度重視に行くなら
極論最初から、おたけびだけでも良いくらいです。

おたけびの使い方ですが、順番が回ってきたら即使うのと
タイミングを見計らって使うの2パターンを試しましたが
それほど差は見られませんでした。
1匹に決まっている状態で使うと損な感じがしますが
どちらか片方に決まっていれば魔法使いが死ぬ可能性は
かなり低くなるので、もう1匹にタイミングがずれて決まれば
それはそれで良しな感じになります。

特訓モードでスクラッチャー狩り

特訓モードでLV52まで使えるスクラッチャーを
ダズの岩穴で狩ってみました。

1回目の構成:自分LV52戦士(オノ)攻282・サポLV52旅(扇)・サポLV52スパ(扇)2人
水弱点なので扇でやろうとしましたが
ガンガンにしたらバギクロスを使ってしまい
バッチリにしたらベストスマイルを使ってしまい
MPを速攻で空にされて12回戦った所で撤退。

2回目の構成:自分LV52戦士(オノ)攻282・サポLV52武(にちりんのこん)2人攻298、攻284・サポLV52僧(スティック)HP230
ならば純粋に攻撃力の高い人を雇えばどうだろうと
おもい試してみました。
結果は1時間あたり特訓スタンプ77個となかなかの結果になりました。
内訳は前半の30分が42個、MPの切れた後半の30分が35個
だったので、ずっとこもる場合は1時間70個ですが
それでも十分な個数を得られるので
LV51・52になってしまってサンダーフロッグで
特訓出来ない人には、おすすめです。

戦士スタンプ0個→116個

僧侶の特訓完了

ひたすらサンダーフロッグを狩ってやっと僧侶の特訓が完了しました。
めざましリングも最後の最後で1個出たので
次の職からは証装備盗賊のかわりに攻撃専念職を入れることが
出来るので、さらに効率よくスタンプを集めることが出来そうです。
僧侶スタンプ725個→1,000個

サンダーフロッグ通算(めざましリングドロップ設定後) 1,260匹 めざましリング1個

特訓モードでスターキメラ狩り

特訓モードで、ほしくずのピアスをドロップする
スターキメラをポーポラ地方で狩ってみました。
構成:自分LV50僧・サポLV50盗(証装備)・サポLV50魔2人

やってみた感想ですが常に、はげしいほのお・しゃくねつに
怯えなくてはいけなく全員のHPが200以上あっても危険な感じでした。
特訓スタンプは1時間あたり66個ペースだったので
悪くはないかなといった感じです。

スターキメラは、鳥、闇弱点なのでナイトスナイパー装備の
レンジャー・魔法戦士を雇えれば、さらに安全で効率良い狩りが
出来そうですが、その条件のキャラを2~3人探すのにかかる時間を
考えると微妙かもしれません。
僧侶スタンプ613個→725個

スターキメラ通算 120匹 ほしくずのピアス0個

バージョン1.3は3日5日(火)開始予定

タイトルの通りバージョン1.3の開始予定が
広場の開発・運営だより第5号で2013年3月5日(火)と
発表されました。
すでに情報が流れていた通り、バトルマスターと賢者の追加
LV上限60→65、日替わり討伐クエスト、強ボス追加
バトル系で追加が予定されているものは以上のようです。

上記の情報から、いまのうちにやっておきたいことは
前回の記事に書いたようにバトルマスターと賢者の育成を
楽にする為のスキル取得。
あとは、やはり全体的なレベル・スキルポイントの底上げあたりでしょうか。

日替わり討伐クエストは、実際にやってみないと分かりませんが
100匹討伐を兼ねてやるのが良さそうな感じですね。

バージョン1.3に向けての準備

バトルマスターが片手剣・両手剣・ハンマー・格闘
賢者が両手杖・弓・ブーメラン
上記の攻撃スキルを使えるので、これらのスキルを
取っておく(スキル振りなおしで取れるようにしておく)と
バージョンアップ後に有利に進めれると予想されます。

対応職
戦士:片手剣・両手剣
魔法使い:両手杖
僧侶:無し
武闘家:格闘
盗賊:格闘
旅芸人:無し
パラディン:ハンマー
レンジャー:格闘・弓・ブーメラン
魔法戦士:片手剣・両手杖・弓
スーパースター:格闘

ぶきみなひかり使用でサンダーフロッグ狩り

ぶきみなひかりを使用してサンダーフロッグを狩ってきました。
構成:自分LV50僧・サポLV50盗(証装備)・サポLV50魔2人
結果は、それほど効率に変化無しでした。
理由としては単体にしか掛けれない、100%成功じゃない
ぶきみなひかりの有無にかかわらず戦闘がそれなりに早く終わる。
といった感じで無いよりは、あったほうが良いですが
ぶきみなひかりが真の効力を発揮するのは、バザックスのような
もっと強い敵に対してからだとおもわれます。
僧侶スタンプ454個→613個

サンダーフロッグ通算(めざましリングドロップ設定後) 848匹 めざましリング0個

ハートのペンダント狙いでベホマスライム狩り

特訓モードとハートのペンダント狙いを兼ねてボロヌス溶岩流で
ベホマスライムを狩ってきました。
構成:自分LV50僧侶・サポLV50盗(証装備)・サポLV50魔2人
50分狩りをして特訓スタンプが47個だったので1時間にすると約56個のペース。
このペースだと1,000個貯めるのに約18時間もかかってしまって
ハートのペンダントがそれほど欲しいわけでもないので50分の狩りで終わりにしました。
僧侶スタンプ407個→454個

ベホマスライム通算 109匹 ハートのペンダント0個

ぶきみなひかり取得とスライムピアス合成2

魔法使いが両手杖に57P振っていてぶきみなひかりを
取れていなかったので元気玉を投入して38→46まで上げてきました。
証装備盗賊を入れた効果もあってスライムピアスが3個も出て
強化無しスライムピアスが4個になったので合成にチャレンジしました。

1回目→守備+1
狙いはHP+1が3個付与なので倉庫行き

2回目→HP+1
お目当てのHP+1が付きましたがスライムピアスの在庫が
無くなったので、またドロップしたら合成したいとおもいます。

マリンスライム通算 5129匹 スライムピアス6個

扇でサンダーフロッグ狩り

特訓モードのサンダーフロッグを扇キャラを入れて狩ってきました。
構成:自分LV50僧侶・サポLV49旅(扇)・サポLV50盗(証装備)・サポLV49魔
通常狩りでは、あまり使うことの無い扇ですがサンダーフロッグが水系の
モンスターなので試してみましたが、MP1で1.5倍スキルと全体攻撃の
おうぎのまいがおもってた以上に効果的で魔法使いに近いくらいの
貢献度があったので高スペックの魔法使いが見つからない時には
扇キャラもありだなとおもいました。
僧侶スタンプ217個→407個

サンダーフロッグ通算(めざましリングドロップ設定後) 608匹 めざましリング0個

MPパサーでタイガークロー狩り(中レベル敵編)

MPパサーを使ってのタイガークロー狩りで経験値がタコ・マリンの
1.5倍前後の敵で1~2匹沸きの敵を狩ってきました。
構成:自分魔法戦士・サポ盗LV59・サポLV59武2人
参考記録LV33タコメット・マリンスライム狩り 経験値時給約30,000

1箇所目はボロヌス溶岩流できせいじゅ狩り
LV36経験値時給約30,000

2箇所目は詩歌の遺跡でチャンプスター・キラークラブ狩り
LV37経験値時給約32,000

3箇所目は古代オルセコ闘技場でりゅうきへい狩り
LV37経験値時給約33,000

前回と今回で色々な場所を回ってみましたがMPパサーがあれば
宿が近くに無い狩場でもタコメット・マリンスライムクラスの狩りが出来る
ということがわかりました。
魔法戦士は、どこでも狩れるので100匹討伐をするのに向いている職だとおもいます。

MPパサーでタイガークロー狩り

魔法戦士がLV34になってMPパサーを覚えたので
普段狩らない宿が遠い狩場でタイガークロー狩りをしてきました。
構成:自分魔法戦士・サポ盗LV59・サポLV59武2人
参考記録LV33タコメット・マリンスライム狩り 経験値時給約30,000

1箇所目はレーナム緑野できりさきピエロ・ライノソルジャー狩り
LV34経験値時給約23,000

2箇所目はヴァース大山林でマザーウッド狩り
LV35経験値時給約29,000

3箇所目はデマトード高地でふくめんバニー・おばけトマト狩り
LV35経験値時給約24,000

やはり2~3匹沸き確定で宿が近いタコ・マリンは優秀ですね。
まあMPパサーがあれば、どこでもタイガークロー狩りが出来るので
人が居ない所でのびのび狩るのもいいかもしれません。
あとは自キャラが高レベルになった時にどれくらい効率が出せるかですね。
1~3沸きのかっちゅうアリに行ってみましたが現時点では
MPパサーでの回復では追いつきませんでした。

特訓モードでヘルゴースト狩り

今回は、まんげつリングを求めてヘルゴーストを狩ってきました。
ヘルゴーストがいるボロヌスの穴は近くに宿が無いので
MPが長持ちする構成で行きたい場所です。
今回は自分LV50武・サポLV54武(にちりんのこん)2人・サポLV54僧(スティック)
で行ったのですが、にちりんこんの旅か僧を3人連れていったほうが
殲滅も早くMPも持つとおもわれるので次回は、その構成で行きたいとおもいます。

今回の結果は1時間あたりスタンプが約70個で0→221個
271匹倒してまんげつリング1個でした。

ヘルゴースト通算 271匹 まんげつリング1個

武闘家LV50クエスト

武闘家は50になっていたものの証を取ってなかったので
特訓モードを開始する前に取ってきました。
武闘家50クエのボス武闘魔ガウラドは攻撃手段が打撃しかなく
LV60のサポを連れて行ける場合は僧侶を1人入れて
ロストアタックと攻撃をしているだけですぐに終わりました。
LV50のサポで挑む場合でも天使僧侶1人かザオ役を2人入れるくらいで
特に苦戦することはないとおもいます。

武闘家の証の効果は、攻撃を受けた時にたまにカウンター攻撃ですが
それほど発動率も高くなくパワーベルトとどちらが良いかは微妙な所です。

魔法戦士のレベル上げ

魔法戦士のレベル上げでサポ武(ツメ)を3人雇って
マリンスライムを狩ってきました。
レベル14→28
まだ低レベルなので元気玉1個で2~4レベル上がる感じでした。

マリンスライム通算 3046匹 スライムピアス3個

特訓モードでサンダーフロッグ狩り

特訓モードでサンダーフロッグを狩ってきました。
構成は自分LV50僧・サポLV50武(ツメ)・サポLV50魔2人
魔法使いは覚醒魔持ちを選んで行ったのですが覚醒を使うことが
1度も無かったので覚醒持ちである必要は無いようです。
コルット地方とオルフェア地方東でサポ3人中2人がMP切れたら
宿に帰る作戦で1セット25分でスタンプ30個のペースだったので
1時間70個くらい稼げることになります。
今回の狩りでスタンプ2→217
316匹狩ってめざましリングは0個でした。

サンダーフロッグ通算(めざましリングドロップ設定後)316匹 めざましリング0個
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
月別アーカイブ
リンク
免責事項
当サイトの御利用で生じた損害等におきましては責任を負いかねます。
お問い合わせ
当サイトはリンクフリーです。管理人への連絡は下記のメールアドレスまたはメールフォームよりお願いします。
dq10s@yahoo.co.jp
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
QLOOKアクセス解析 プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。